男性が葬儀にバッグを持っていく際のマナー

男性が葬儀に参列する際に基本となるのはバッグを持たず財布や数珠、ハンカチといった小物は礼服のポケットに収納するという様相であり、収納できない分については妻など女性が持つフォーマルバッグに入れてもらうという事です。
しかし、単独で参列するといった事例では男性もバッグを持つ事になりますが、持つ事自体はマナー違反ではないものの、バッグの選び方次第ではマナー違反に該当してしまうので注意が必要です。

葬儀におけるバッグの在り方

男性においても葬儀用として選ぶ時に基本になるのは、女性用と同様に光沢感が無いマットな印象の質感で黒色を選ぶという事です。
光沢感が無いタイプという観点では反射しない布製が最良ですが、革や合皮であっても光沢感が無いのなら無問題です。
しかし、たとえ黒色の革や合皮であってもバックスキンもしくはクロコダイルといった生き物をイメージさせてしまう素材は、葬儀に相応しくないため選んではいけません。
また、細部にもきっちりと目を向けて選ぶようにし、たとえ全体像が黒色で構成されていたとしてもブランドロゴなどの一部分が輝いていたり、装飾品が備わっているのは葬儀という悲しい席に不適切なので選ばないようにしましょう。
そして、くたびれた印象の葬儀用のバッグを手にして参列する事もマナー違反なので、型崩れをしておらず色が剥げていたり各所が破損していない物を持って行かなければなりません。

選び方のポイント

そのためには上質な素材とより良い手法で作られたバッグを選ばなければならないのですが、葬儀用のバッグというのはあまり使用頻度が高くないためついその場しのぎの製品を買い求めてしまいがちになります。
ところが、その場しのぎで購入してしまうと数回の使用で著しくくたびれた印象になってしまい、すぐに使用するには失礼に当たる見た目になるので、躊躇せずに比較的価格帯が高めの品を選ぶようにし、長年にわたって使い続けるようにすべきです。
さらに、男性であってもバッグはできるだけ主張しない小さな物を選ぶようにし、やむを得ない時のみ手に取るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です