日本が誇るレザー製メンズバッグブランド

土屋鞄 トート

レザーのメンズバッグと言えば海外のブランドを連想しがちですが、日本製のレザーメンズバッグのブランドも数多くあります。土屋鞄製造所は1965年に創業した本革製品を作る会社で、ビジネスバッグやランドセルなどひとつひとつを熟練の職人が作る老舗です。土屋鞄製造所は飽きがこないシンプルなデザインと、ブランドのロゴを前面に出さないため持つ人を選ばない万人受けする製品が特徴で、一生物と呼ぶにふさわしい製品を製造しています。メンズバッグはどれも重厚な雰囲気があり、ブリーフ型からトート型、ランドセル型まで豊富な品ぞろえが大変魅力です。ココマイスターは人気が高い欧州のレザーを日本の職人が手作業で造りあげるブランドで、熟練職人を選定し、細部まで手を抜かないこだわりの製品を作りつづけています。職人の手作業なので製造量が少なく、過去には品切れになっている製品が多々ある状態が続いていたほど人気が高く、販売と同時に完売になることも珍しくありません。以前は財布をメインとして製造販売していましたが、2015年ころからはバッグの取り扱いも増え、そのしなやかで軽く、無駄な装飾の無い機能的なデザインが好評です。メンズバッグはアタッシュケースを始め、トートバッグ、ショルダーバッグなど種類も豊富で、銀座に2店舗と自由が丘、神戸、名古屋、大阪にそれぞれ1店舗を展開し、多くのユーザーから高い支持を得ています。アニアリのレザー製メンズバッグは、カラーバリエーションが豊富で、レザーでありながら比較的抑えられた価格帯の製品を提供していることで人気です。アニアリの製品は柔らかいことが特徴で、全体的にカジュアルな雰囲気を持った製品が多く、デザイン関係や美容関係、アパレルなどの仕事に携わっている人から人気があります。使い込むほどに味わいが出るのがレザーの特徴です。海外にも負けない職人手作りの日本製レザーメンズバッグを一度購入してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です