【これが正解】面接に持っていく際のカバン男性編

就職活動をしているとスケジュール帳や資料などを持ち歩く機会が多い上に訪問先でも資料を頂く事があるためバッグが必須ですが、バッグは就職活動生としての印象をチェックする上での判断材料としても見られています。
そのため、就職活動中や面接で常に手に持ち傍らに置いておくバッグは実用性のみならず、外見の印象についても抜かりなくチェックして選ぶようにしましょう。レザーは面接、就活というシーンでは少々浮いてしまうかもしれません。デザインが比較的シンプルなナイロン素材のバッグが無難でしょう。

バッグのサイズに注意

説明会や面接に出席する際手にする機会が多いのはエントリーシートや履歴書などの様々な書類ですが、それぞれに共通しているのはA4サイズの書類であるという事です。
A4サイズは一般的な書類のサイズの中では最も大きなサイズ感なので、バッグ選びを誤ってしまうとそのままの状態で収納する事ができず、ファイルに綴じていても曲がったり折り目が付いてしまう恐れがあります。
言わずもがな先方にお渡しする資料が曲がっていたり折り目が付いているのは失礼に当たりご法度なので、A4の紙が余裕を持って収納できるバッグを選ぶようにし、スムーズに出し入れ出来る準備をしておきましょう。たとえお気に入りの一品が見つかったとしてもサイズ感が心配なら選ばないようにしましょう。

地味に外せないポイント 自立するか否か

面接を受ける際企業側が待機する部屋を用意していても面接時にはバッグを手に持ち着座する椅子の傍らに置くようにするので、すぐに始められるように手を離したら倒れずに自立する物を選ぶようにします。
自立するタイプと自立しないタイプは側面などに使用されている材質の他に底板の有無も影響するので、選ぶ際には底もチェックし底板がある事を確かめてから買い求めましょう。
また、同じく底をチェックした時に確かめておくべき事は4つのピンの有無であり、角の4箇所にピンがあると高い安定性が得られますし、常に床面に置いていても汚れる心配が無い上に、誤って水気がある所に置いてしまっても水濡れの被害に見舞われる事が予防できます。

さらに、色味は黒を基本としできるだけ落ち着いた色の中から選ぶように心がけ、筆記用具などがすぐに取り出せるように内ポケットが備わっていて整理整頓できるバッグを選ぶようにするとスマートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です