【これで間違いなし 】営業で好感を得るビジネスバッグの選び方

ビジネスシーンで用いるビジネスバッグは単なる物入れではなく、スーツなどの身繕いするアイテムと同様に一人のビジネスパーソンとしての印象を直接的に左右する一品です。
そのため、頼りない印象やだらしない印象が感じられるビジネスバッグを使用していると、ビジネスパーソンとしても頼りない人という見方をされてしまい、営業において非常に重要な第一印象を自ら阻害してしまいます。
そのような頼りない印象を醸し出してしまうポイントは多々ありますが、特にビジネスバッグから手を離した時に安定しない印象では、バッグと同様にビジネスパーソンとしても安定感が醸し出せません。
そこで、ビジネスバッグを選定する時にポイントとして抑えておくべき事は、床面などに置いて手を離した時にすぐに自立するビジネスバッグを選ぶという事です。
一度で自立してくれると名刺のやり取りをする時に相手のペースを乱す事が防げますし、クライアントやお客様に対して資料を提示して説明する時にも会話のリズムを乱しません。
しかも、自立するタイプであれば丈夫な素材と裁縫でしっかりと作り込まれている証拠なので、収納している物により型崩れが生じる恐れも防げる上に、長期間にわたって使い続けられ良い風合いが楽しめるようになります。
そして、自立可能という事はビジネスバッグにマチが備わっているという裏付けであるため、必然的に多くの物を入れる事ができペットボトルや折り畳み傘など、外回りの営業で欠かせないアイテムが難なく入れられます。
また、今日の営業担当は紙媒体の資料ではなくタブレット端末に保存した資料をお客様にお見せしたり、ノートパソコンの画面をお見せしながら進めていく事が多いので、商売道具と言っても過言ではないデジタルデバイスを安心安全に持ち歩く事ができる点にフォーカスを当ててビジネスバッグを選ぶ事も重要です。
中にはデジタルデバイスに特化した事を謳い文句にしているビジネスバッグも増えているので、クッション性が際立って良い専用品を選び営業に持ち出すと安心感が得られ最大限のパフォーマンスを発揮できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です