【9年モノ】ペローニのコインケースはエイジングに失敗したのか?

バッグとは関係ないですがレザーのメンテナンスについて考えていたら気になったので。

気が付けば購入してから長い期間が経っていたペローニのコインケース

楽天の購入履歴を見てみると…あった。

2009年3月、約9年前に購入。いつのまにそんな…月日が経つのは早い。最早身体の一部と化しています。おそらく使えなくなるまで使い続けるでしょう。

長い年月を共にしてきたコインケース

確か付き合っていた女性からプレゼント…ではなくで自分へのご褒美として買ったものです。

雑誌か何かで見て一目ぼれして、仕事頑張ったから、買っちゃおうと。かっこよくて友人に少し自慢してた記憶があります。

その2、3年後、誕生日プレゼントで違うコインケースを頂いたので、このコインケースを使わなかった時期もあります。

けど結局レザーのペローニに戻ってしまうんですよね。すごく使いやすいんです。

使い勝手が良い

フタをパカッと開けて傾けると、小銭がスルッと出てくる。戻す時もサッと戻る。

支払いの際に出しにくくてイライラすることがありません。非常にスムーズ。おそらくこれが永く使っている理由でしょう。買い替えようという気が起こらない。

丸みを帯びたフォルムが気持ちいい

このコインケースはいつもバッグにいれずにズボンのポケットに入れてます。すぐに取り出せるように。ポケットに手を突っ込んで取り出すとき。この丸みがすごく気持ちいいいんですよね。手触りではなく形が。よく手に馴染む形状です。ふと気づいたら無意識にこのコインケースを握りしめてる時もあります。

レザーのエイジングは失敗したのか?

気に入って使い続け、9年も苦楽を共にしてきたわけですが、最近レザーの感じが気になってきました。

ペローニコインケース

なんか黒くない?


正面から。やっぱり黒い。13年以上も使っているから手垢もすごいんだろうなあ。


裏面、やっぱり黒い。

フタをパカッと開けると
ペローニコインケース中
明るい、綺麗。


フチを見ると、コーティングがほとんど剥げているみたいです。


あ、刻印がちょっと消えかかっている。

この黒ずみはとれる汚れなのか、それとも経年によって染み込んで取れない汚れなのか?メンテナンスは今まで何度か保湿クリームを塗った程度。しっかりとは手入れしてこなかったんですよね。私が悪いんです。

イメージしていた経年変化とは少しちがうというか、もうちょっと明るくなる気がしてました、勝手に。いや、これも自分の味といえば味なんですけど。

こうなったら、時間のある時に思い切ってクリーニングしてみようかなと思います。ここまできたら一生使えるかもしれないし。

さいごに
9年間使っていると、失くしかけた事が何回もあります。
どこに入れたのか分からなくなって、1週間後に衣替えしたズボンのポケットに入れたのをなんとか思い出して難局を乗り切ったこと。どこを探しても出てこなくて数日後にソファの隙間に挟まってるのを見つけて胸を撫でおろしたこと。その度に深い喪失感に襲われ、見つかった時には安堵に包まれました。

長ければ長いほど愛着が沸くものです。

この記事を書いててなぜかキャストアウェイで無人島でトムハンクスの唯一の友達だったバレーボールを思い出しました。すごく記憶にのこる映画だった。

これからも末永く大切に使います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です