ポーター タンカー ショルダーバッグSのレビュー【使い心地最高】

一番長く所有しているバッグです。バッグ好きにありがちですが、なんとなく他のバッグを使いたくなったからって理由で新しいものを使い始めるものの、結局このショルダーバッグに戻ってしまうんですよね。 一言でいうと、優等生 文句のつけようがあまりない、なんでも任せられる、学生でいうと学級委員長的なバッグです。 というわけで、日ごろの感謝を込めてレビューです。

ポーター タンカー ショルダーバッグSの良いところ

スクエア型でモノを出し入れしやすい

  形は見ての通り、長方形。この形がものをサッ入れられるし、出しやすい。特に出しやすいところが気に入っています。いろいろなバッグを使いましたが、ショルダーバッグは出し入れの頻度が高いので、この時入れにくかったり出すとき引っかかったりするのでストレスになります。

2室に分かれているので整理しやすい

大きく分けて、2室に分かれているので、用途別にモノを分けてスッキリ整理させやすいのが良いです。ビジネスバッグ等では2室に分かれているものが多いですが、意外とショルダーバッグはこの形が少ないので助かります。

バッグの中でいろんなものがごちゃごちゃにならず、かき回して探すということが少なく済みます。また、タンカー全般の製品にいえることですが、中が黒一色ではなくオレンジで、見やすい。おじさんだから真っ黒だとものを探しにくいんです。

右写真の第2室は、分かりにくいですがマチのある黒ポケットが2つと、透明の大きめのポケット(マチなし)このポケットたちがなかなか優秀で、用途によっていろんな使い方ができます。特にマチありの黒ポケット二つはスマホなどを縦に入れることができてスペースを有効活用できます。

頑丈

このポーター タンカー ショルダーバッグSを購入したのは10年以上前ですが、ほつれたり壊れたりしているところがありません。

毎日使っていないし、トータルすると何年かは使っていなかった時期はあるにしても、購入した時と比較してもほとんどヘタレた箇所がないのは、さすがはタンカーといったところでしょうか。 傷みやすいショルダー部分も元気です。

ポーター タンカー ショルダーバッグSの良くないところ

数少ないデメリットですが、外ポケットが出し入れしにくい。ボタン+ベルクロという入念さ。さらにフタを被せるという形状なのでこれが出し入れを難しくしています。最初のうちは開けるのがめんどくさくて使っていませんでしたね。

セキュリティ的には正解なのかもしれないけど、うーん、やっぱりあまり出し入れしたくない。 逆にいうとこういうポケットにあまり出し入れしないものを入れておくのが良いのかもしれません。  

このバッグの思い出

このタンカーのショルダーバッグを気に入った私は、仲良くなった外国からのアメリカの留学生の子に奮発してプレゼントしました。最初の反応は「ああ、ありがとう」といった素っ気ない返事でした。これはちょっと失敗したかな、って落ち込んでいたんですが、

数日後、「このバッグは素晴らしい!!」「アメージング!!」「日本最高!」(私の超約)といった反応が。 よくよく聞くと、アメリカでは男はこういうショルダーバッグを使っている人が少なく、リュックサックメインだとか。だからプレゼントされた時は、「どうしよう、使おうかどうしようか」みたいな感じだったようで。

けどせっかくもらったんでいざ使ってみたら、品質が素晴らしい!使い勝手が良い!このバッグを知っているあなたは素晴らしい!と褒めてくれました笑 当時のアメリカではこんなに精巧なバッグはなかったそうで。確かにそういうイメージですね。

見たかアメリカ、これがジャパンクオリティだ

プレゼントしただけだけど、日本が誇らしくなりました。ありがとう吉田カバン。

ポーター タンカー ショルダーバッグSの評価
デザイン
(4.0)
使いやすさ
(4.0)
軽さ
(4.0)
丈夫さ
(5.0)
高級感
(5.0)
値段
(3.0)
総合評価
(5.0)